テスラの車種と価格をグレード順に紹介!テスラは何が凄い?|輸入車の地デジ・カーナビ取り付けはD.I.Jへ。埼玉・東京・群馬を中心に全国対応

お役立ちコラム

instagram line

2023/12/12

テスラの車種と価格をグレード順に紹介!テスラは何が凄い?

テスラ(Tesla)は、電気自動車(EV)の分野で世界的に有名なメーカーであり、その革命的な技術と斬新なデザインで注目を集めています。

 

テスラの車種は多彩で、価格帯も幅広く、どのモデルも独自の魅力を持っています。
この記事では、テスラの主要な車種と価格をグレード順に紹介し、その特徴を探ってみましょう。

テスラの車種と価格をグレード順に紹介!テスラは何が凄い?

テスラとは

テスラは、2003年に設立された電気自動車(EV)メーカーで、その独自の技術とデザインにより、自動車業界に革命をもたらしました。
イーロン・マスク氏がCEOを務め、持続可能な未来のためのクリーンエネルギーを推進しています。

 

テスラのEVは、その高性能と長い航続距離、自動運転機能などで知られており、世界中で多くのファンに支持されています。

テスラの特徴とすごさ

テスラの魅力は多岐にわたりますが、その主要な特徴とすごさを以下にまとめてみましょう。

驚異的な加速力: テスラのEVは、電動モーターによる高いトルクを活かして、0-100km/h加速が非常に速いものが多いです。
これにより、スポーツカーにも匹敵する刺激的な運転が楽しめます。

長時間無充電で走行できる航続距離

テスラのモデルは、電池技術の進化により一充電で走行できる距離が大幅に向上しています。
長いドライブや長距離移動にも適しています。

近未来的なビジュアル

テスラのデザインは未来的で洗練されており、高級感があります。
特にインテリアや大型タッチスクリーンディスプレイは印象的です。

完全自動運転が可能

テスラは自動運転機能を搭載し、ほとんどの交通状況下で運転を自動化できます。
この機能は将来さらに進化する予定で、運転の負担を軽減します。

常に進化を続けるソフトウェア・アップデート

テスラの車両は、ソフトウェアのアップデートを受けることができ、新機能や改善が定期的に提供されます。
これにより、既存の車両も常に最新の性能を維持できます。

テスラはどこで作られている?

テスラの車両は、世界中で製造されています。
現在、テスラの主要な製造拠点は以下のとおりです。

中国・上海

テスラは中国に巨大な工場を建設し、アジア市場向けの車両を生産しています。
中国工場はテスラの成長に重要な役割を果たしています。

米テキサス州オースティン

テスラはテキサス州オースティンに新たな工場を建設し、米国市場向けの車両を生産しています。
この工場は特にサイバートラックの生産に注力しています。

ドイツ・ベルリン

テスラはヨーロッパ市場向けにドイツ・ベルリンに工場を建設中です。
この工場はヨーロッパでの生産を強化し、輸送コストを削減する役割を果たします。

米カリフォルニア州フリーモント

フリーモント工場はテスラの初期からの製造拠点であり、モデルSやモデル3などが生産されています。

テスラの車種と価格をグレード順に紹介

それでは、テスラの主要な車種と価格をグレード順に詳しく見てみましょう。

Model S

<グレードと価格>ロングレンジ:1,069万円、PLAID:1,499万円、PLAID+:1,799万円
<発売年>2012年6月
<種別>ミドルセダン 4WD
<航続距離>ロングレンジ:663km、PLAID:628km、PLAID+:837km
<0-100km/h加速>ロングレンジ:3.2秒、PLAID:2.1秒、PLAID+:2.1秒

Model X

<グレードと価格>ロングレンジ:1,169万円、PLAID:1,499万円
<発売年>2015年
<種別>ミドルSUV 4WD
<航続距離>ロングレンジ:580km、PLAID:547km
<0-100km/h加速>ロングレンジ:3.9秒、PLAID:2.6秒

Model 3

<グレードと価格>スタンダードレンジ プラス:429万円、ロングレンジ:499万円、パフォーマンス:717万円
<発売年>2017年
<種別>コンパクトセダン RWD/4WD
<航続距離>スタンダードレンジ プラス:448km、ロングレンジ:580km、パフォーマンス:567km
<0-100km/h加速>スタンダードレンジ プラス:5.6秒、ロングレンジ:4.4秒、パフォーマンス:3.3秒

Model Y

<グレードと価格>スタンダードレンジ:4万1990ドル、ロングレンジ:4万9990ドル、パフォーマンス:5万9990ドル(日本では未発売)
<発売年>アメリカでは2020年初頭。
日本では未定。
<種別>コンパクトSUV 4WD
<航続距離>スタンダードレンジ:390km、ロングレンジ:520km、パフォーマンス:480km
<0-100km/h加速>スタンダードレンジ:6秒、ロングレンジ:5.1秒、パフォーマンス:3.7秒

Roadster(初代)

<価格>1,276万円〜
<発売(日本)>2010年5月 / 既に生産終了
<種別>スポーツカー
<最大航続距離>394km

Roadster(第二世代)

<価格>ベースモデル:¥ 2,270万円、ファウンダー シリーズ:¥ 2,840万円(予定)
<発売>2022年
<種別>スポーツカー AWD
<最大航続距離>394km

Cybertruck

<価格>1モーター+RWD:3万9900ドル(約435万円)、2モーター+4WD:4万9900ドル(約545万円)、3モーター+4WD:6万9900ドル(約760万円)
<発売>2022年終盤の生産開始を予定
<種別>ピックアップトラック RWD/4WD
<最大航続距離>1モーター+RWD:400km、2モーター+4WD:483km、3モーター+4WD:805km

Semi(セミ)

<価格>15万ドル(約1600万円)/18万ドル(約2000万円)
<発売>2021年終盤の生産・販売開始を予定。
日本では未定。
<種別>セミトラック RWD
<最大航続距離>483km/805km

これらのテスラの車種は、異なるニーズに合わせて幅広い価格帯で提供されており、高性能、長距離走行、自動運転などの機能を持っています。

 

どのモデルもテスラ独自の魅力を備えており、EVの未来を切り拓いています。

テスラや輸入車についての疑問は専門家に

今回は、テスラの車種と価格について詳しく紹介しました。輸入車や電気自動車に関するさまざまな疑問や質問がまだある場合は、輸入車のカーナビ取付やメンテナンスを行っている合同会社D.I.Jに専門家の助言を求めてみましょう。

 

専門家のアドバイスを受けながら、テスラや電気自動車に関する最適な選択をすることができるでしょう。

カーナビ・地デジ取り付け、カーコーティングはDIJにお任せください

関連記事

  • カーナビバックモニターの便利機能と後付け費用相場を紹介カーナビバックモニターの便利機能と後付け費用相場を紹介 運転中確認しづらいバックを簡単に見ることができ、事故防止につながるバックモニター。「あると便利そうだな」と取り付けを検討されている方も、多いのではないでしょうか。安全に役立ち非常に便利なため、2022年5月から新車へのバックモニター取り付けの義務化が始まる予定だそうです。 こ […]
  • カーナビが反応しない時のチェックポイントと対処方法を解説!カーナビが反応しない時のチェックポイントと対処方法を解説! 突然カーナビのタッチパネルが反応しなくなったり、Bluetoothがつながらなくなったりすると困りますよね。カーナビは車の振動や寒暖差・ホコリにさらされているなど、故障となる原因が多い中で使われているので、実はトラブルもよくあります。 この記事では、カーナビが反応しなくなった […]
  • テスラのインターフェースについて解説!何ができる?テスラのインターフェースについて解説!何ができる? テスラの車両は最新のIT技術が数多く使われています。 ただ、テスラ車両のエンターテインメント体験やナビゲーションを完全に引き出すためには、テスラのインターフェースが重要なカギとなります。 インターフェースが、外部デバイスの接続やスマートフォンのミラーリングを通じて、新たな機 […]
  • メルセデス・ベンツのシリーズごとのグレードと種類メルセデス・ベンツのシリーズごとのグレードと種類 世界中どの国においても、印象的なスリーポインテッドスターをフロントグリルに付けたメルセデス・ベンツは高級車として認識されているでしょう。   大きなボディから小さなボディのクルマ、また、SUVやステーションワゴンなどいろいろなラインナップが有るようですが、 […]
  • カーナビの種類。用途別のメーカー・モデル・データ記録の選び方カーナビの種類。用途別のメーカー・モデル・データ記録の選び方 ルート案内だけでなく、車内で音楽を聞いたり通話をしたりできる「カーナビ」。普及率が高まるとともに、カーナビの機能やスペックも充実し、選択肢は広まっています。しかし中には、「種類が多すぎて何を基準に選んで良いか分からない」という方もいらっしゃるでしょう。ご自身にとって使い勝手の良 […]
  • デジタルルームミラーとは?メリット・デメリットを徹底解説!デジタルルームミラーとは?メリット・デメリットを徹底解説! 最近、「デジタルルームミラー」と呼ばれるデジタル型のドライブレコーダーが徐々に増えてきています。 デジタルルームミラーは、後方のリアガラス上部に取り付けたカメラの映像を、ルームミラーに取り付けたディスプレイに映し出す機器です。 スマートフォンのような操作性や優れたカメラ性能 […]

AREA ディーアイジェーの
対応エリア

埼玉東京群馬
中心に
全国対応中!

ディーアイジェーでは埼玉、東京、群馬などの関東エリアを中心に、北海道や愛知、大阪、福岡など、全国の輸入車・外車オーナー様のご依頼をお受けしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。