カーオーディオのノイズ対策 原因・方法・注意点を分かりやすく解説!|輸入車の地デジ・カーナビ取り付けはD.I.Jへ。埼玉・東京・群馬を中心に全国対応

お役立ちコラム

instagram line

2022/06/29

カーオーディオのノイズ対策 原因・方法・注意点を分かりやすく解説!

楽しいドライブの時間に欠かせないカーオーディオ。
ところが、そんなカーオーディオからノイズが生じることがあります。
良質なサウンドが聞こえてくるはずのカーオーディオからノイズが聞こえてきたら、イライラしてしまいますよね。

 

ノイズが生じると、気分を害するだけでなく、運転に集中できなくなるおそれもあるため、しっかり対策を行いましょう。

この記事では、カーオーディオからノイズが出る原因・ノイズ対策の方法・ノイズ対策での注意点について分かりやすく解説します。

カーオーディオのノイズ対策|原因・方法・注意点を分かりやすく解説!

カーオーディオからノイズが出る原因とは?

ノイズは電子機器類から漏れる電磁エネルギーの干渉によって生じます。
カーオーディオのノイズも例外ではありません。

カーオーディオからノイズが出る原因としては、以下のような発生源が考えられます。

 

・オルタネーターなどの電源部
・CDを回転させるモーター
・トランジスタ
・基盤の抵抗部品
・HIDヘッドライト
・パワーステアリング

 

ノイズの原因はさまざまであるため、漠然と考えていたのでは原因を突き止めることは難しいです。
まずは、「いつ頃から発生したのか」「どのようなタイミングで発生しているか」「発生に規則性はあるか」など、ノイズの発生に関する情報を極力正確に把握することが重要です。

カーオーディオのノイズ対策

カーオーディオのノイズ対策についてご紹介します。
カーオーディオからノイズが出た場合は、以下の方法を試してみてください。

ノイズフィルターを使う

ノイズ対策のための専用グッズとして、「ノイズフィルター」という商品が販売されています。
ノイズフィルターを配線に取り付けると、ノイズを取り除くことができます。
ノイズフィルターを使うと、かなりの割合でノイズを軽減することができますが、完全にノイズを消せるわけではないため注意が必要です。

 

また、発生しているノイズの種類に合ったフィルターを取り付けないと効果がありません。
そのため、まずはノイズを発生させている原因を突き止めることが重要です。

配線上の工夫をする

配線上の工夫をすることで、ノイズを除去できる場合があります。
例えば、以下のような方法です。

 

・電源ケーブルと音声信号ケーブルを引き離す
・できる限りアース配線を短く、または太くする
・ボンネット内部ではなくフェンダー内部に通す(オルタネーターや燃料ポンプの影響を受けにくくするため)
・ピンケーブル(RCAケーブル)を高品質なものに交換する
・アース(ボディアース。配線を自動車のボディに設置させること)の位置を変更する

 

上記の項目に出てくる「アース」についてご説明します。
アース(接地)とは、自動車のボディに配線をつなげることです。
家電でもアースが行われますが、家電と自動車ではアースの目的が異なります。

 

家電におけるアースは感電などを防ぐために地面に電流を逃がすことを目的としますが、自動車におけるアースはバッテリーのプラス側からマイナス側に電流を流すことを目的としています。
つまり、自動車のボディの金属部分が、バッテリーのプラス側からマイナス側に電流を流すのに利用されているのです。
※電気はプラスからマイナスに流れる性質を持っています。

 

アースの見直しを行う場合は、まずは下記を確認しましょう。

 

・アースケーブルの長さ
・アースケーブルの太さ
・アースの位置

 

その上で、アースケーブルを短くすることが可能であれば極力短くします。
もし短くすることが不可能であれば、アースケーブルを1段階もしくは2段階太くしてください。

カーオーディオのノイズ対策での注意点

最後に、カーオーディオのノイズ対策を行う上での注意点をご紹介します。

スピーカーを取り付ける場合の注意点

・スピーカーの破損がノイズの原因になる場合があるため、破損しないように慎重に取り付ける。
・電流の許容量をオーバーしないようにする。
・端子の接触に気を付ける。

外部アンプを設置する場合

・ゲイン(入力した信号を何倍に増幅するかを示す値)の調整を正しく行う。
※ゲインを高くし過ぎない。

 

上記のように
・カーオーディオを適切に設置すること
・設置後の正しいゲイン調整
という2点が、カーオーディオのノイズ対策では非常に重要になります。

まとめ

以上、カーオーディオのノイズ対策について解説いたしました。

カーオーディオからノイズが出た場合は、まずは「いつ頃から発生したのか」「どのようなタイミングで発生しているか」など正確な情報を把握し、原因を突き止めることが重要です。
原因が判明したら、ノイズフィルターの取り付けや配線上の工夫を行って対処しましょう。
もし自分の手に負えない場合は、カー用品の知識が豊富なプロに依頼することをおすすめします。

 

「合同会社 D.I.J」は、埼玉・東京・群馬を中心に全国で、カーAV機器の輸入・販売・取り付けを行っております。
AVインターフェイスを自社開発するなど確かな技術力を武器に、企画開発から輸入車への取り付けまで一貫してお引き受けいたします。
もしカー用品の取り付けを検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

D.I.Jのカー用品取り付けについてはこちら

関連記事

  • カーナビの後付け、埋め込み費用について場合を分けてわかりやすく解説!カーナビの後付け、埋め込み費用について場合を分けてわかりやすく解説! カーナビは車載用のナビゲーションシステムです。 現代ではカーナビが無いと目的地に行けないくらい、深く浸透しています。 カーナビは道案内や交通情報などの機能を提供します。   車の純正オプションとして付属する場合もありますが、後付けや埋め込みで自分の車に […]
  • ドライブレコーダーの画素数はどれくらいにすべき? せっかく購入したドライブレコーダーも、交通事故やあおり運転などに逢ったときに映像が鮮明でなければ意味をなさないこともあります。 ドライブレコーダーの映像の鮮明さを決めるのが画素数で、ここでは選ぶべき商品の画素数と、もうひとつ大事なポイントになる解像度について詳しく調査し解説し […]
  • カーナビの選び方を解説!購入後に後悔しないコツは?カーナビの選び方を解説!購入後に後悔しないコツは? 今やドライバーの必需品となっているカーナビ。新車購入時にすでに装備されている場合もありますし、オプションで数種類の中から選ぶことができます。ただし、予算の関係で取り付けられなかった方や、最初は必要ないと思って装備しない方も少なくありません。さらにカーナビは年々進化を遂げ、新しい […]
  • EV市場を席捲(せっけん)するテスラのバッテリー戦略EV市場を席捲(せっけん)するテスラのバッテリー戦略 日本では、2035年に新車販売でガソリン車をゼロにする方針が打ち出されました。   EV(電気自動車)は、環境問題という背景もあって、世界中で普及が進みつつあります。EVの心臓部とも言えるバッテリーをめぐって、各社でし烈な競争が展開されています。 & […]
  • テスラの充電料金はいくら?その他維持費と税金について解説!テスラの充電料金はいくら?その他維持費と税金について解説! 近年、電気自動車(EV)の人気が急上昇しており、環境への配慮やガソリン価格の高騰などから、多くのドライバーがEVへの乗り換えを検討しています。 EVは環境に優しく、走行コストが低いとされていますが、具体的な充電料金やその他の維持費、そして税金について、詳しく知りたいと思う方も […]
  • テスラ社のモデルYとモデル3の違いはなに?さまざまなデータから違いを調査!テスラ社のモデルYとモデル3の違いはなに?さまざまなデータから違いを調査! 皆さんは、テスラ社におけるモデルYとモデル3の違いを知っていますか? モデルYとモデル3は、日本を含む多くの国々で人気の高い電気自動車に数えられます。   また、日本でも2022年6月から受注を開始しており、注目度が高い自動車だと言えるでしょう。 そこ […]

AREA ディーアイジェーの
対応エリア

埼玉東京群馬
中心に
全国対応中!

ディーアイジェーでは埼玉、東京、群馬などの関東エリアを中心に、北海道や愛知、大阪、福岡など、全国の輸入車・外車オーナー様のご依頼をお受けしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。