プジョーは故障が少ない車ランキング6位!|輸入車の地デジ・カーナビ取り付けはD.I.Jへ。埼玉・東京・群馬を中心に全国対応

お役立ちコラム

instagram line

2022/09/29

プジョーは故障が少ない車ランキング6位!

フランスの老舗自動車メーカーが製造・販売する「プジョー」は世界中でファンを獲得しています。
プジョーはとても丈夫に造られており、故障しにくい車として有名です。
世界中の車メーカーを比較したデータからも分かっています。

 

一方で日本では「プジョーは故障しやすい」と言われることがあります。
そのため、「プジョーに乗りたいけど故障が心配」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この記事では、プジョーが故障しやすいと言われる理由・プジョーの故障率・故障した場合の対処法・長く乗るためのポイントについて分かりやすく解説します。

プジョーは故障が少ない車ランキング6位!

プジョーは6位!【メーカー比較】故障が少ない車ランキング

「プジョーは故障しやすい」と言われることがありますが、事実は異なります。
プジョー車は実は故障しにくい外車なのです。
そのことが分かるデータがあります。

 

民間の調査機関J.D.Powerが2018年にドイツのユーザーを対象に行った調査では、プジョーは「故障しにくいランキング」で6位に入っています。

順位 メーカー名 スコア(数値が低いほど高品質)
1位 トヨタ 101
2位 セアト 103
2位(同率) ボルボ 103
4位 シュコダ 104
5位 ヒュンダイ 105
6位 プジョー 108
7位 日産 114
8位 メルセデス・ベンツ 124
9位 マツダ 125
9位(同率) スマート 125

引用元:「J.D.Power Press Release『Vehicle Owners in Germany Cite More Problems with Premium Vehicles than Volume Vehicles,J.D. Power Finds』」

 

プジョーは国産メーカーの日産より上位にランクインしており、世界でもトップクラスの品質を維持しているといえるでしょう。

プジョーが故障しやすいと言われる理由

故障が少ないプジョーがなぜ「故障しやすい」と言われることがあるのでしょうか?
その主な理由は、日本とフランスの環境の違いにあります。
日本の気候の特徴は、四季があり高温多湿であることです。

 

また、日本の走行環境は、発進と停止を繰り返す市街地での低速走行が多いことに特徴があります。
プジョーに限らず外車は上記のような日本特有の環境に合うように設計されていないため、日本で使用すると故障する場合があるのです。

 

例えば、フランスは夏の期間が短く気温も日本ほどは上がらないため、フランス車のゴム製部品の耐久温度は日本より低く設計されていることがあります(日本車が耐久温度100度なのに対しフランス車は70度など)。
耐久温度が違えば部品の寿命や品質に違いが出るため、日本の気候では耐久温度が低いフランス車の部品の方が故障しやすくなります。

 

プジョーに限らず外車を購入する際には、日本と外国の環境の違いを頭に入れておくことが重要です。

プジョーが故障した場合の対処法

プジョーは故障が少ない外車ですが、もし故障した場合はどう対処すればよいのでしょうか?
ここでは、プジョーが故障した場合の対処法を解説します。

故障箇所を確認する

電子化が進んでいる近年の車種では、メーターにさまざまな情報が表示されます。
メーターには故障箇所を示すマークが表示されるため、取扱説明書を参照しながら故障箇所を確認してください。

故障時の車の状況を把握する

故障時に異音・振動・異臭などいつもとは異なる状況があれば、しっかりと把握しメモなどに記録しておきましょう。
故障時の状況を記したメモがあれば、修理がスムーズに進む可能性があります。

修理費用を見積もる

故障箇所によっては高額な修理費用がかかる場合があります。
あらかじめ修理費用の見積もりを取っておきましょう。
もし可能であれば、複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

修理業者に依頼する

ディーラーをはじめフランス車に強い修理業者が存在します。
こちらに詳しい知識がなくても、どのように修理したいかなど要望をしっかり伝えましょう。
専門的な知識と技術をもつプロから適切な提案がもらえるはずです。

プジョーにできるだけ長く乗り続けるには?

プジョーをできるだけ長く乗り続けるためのポイントをご紹介します。

小まめにメンテナンスを行う

日頃から車の状態をチェックし、小まめにメンテナンスを行うことで安全に長く乗り続けることができます。
洗車の際には、車体の傷・タイヤの摩耗状態や空気圧・エンジンルームの匂いなどを点検しましょう。
また、部品は経年劣化するため、交換や補充が必要でないかを確認してください。

定期的に走行させる

車を長持ちさせるには、定期的に走行させることが重要です。
車を長期間走らせないと、再び走行させる際にエンジンや部品に過度な負担がかかり、故障の原因になるためです。
1週間に1回程度、最低でも30分は走行させるようにしましょう。

まとめ

以上、プジョーの故障について解説しました。

 

プジョーは故障が少なく、世界の中でもトップクラスの品質をもっています。
にもかかわらず、日本で「プジョーは故障が多い」と言われることがありますのは、日本とフランスで気候や走行環境に違いがあるためです。
プジョーは高品質な車ですが、購入の際には日本の環境との兼ね合いをしっかり頭に入れておいてくださいね。

 

もし外車の部品が故障した場合は、信頼できるカー用品店に相談しましょう。
「合同会社 D.I.J」は、埼玉・東京・群馬を中心に全国で、カーAV機器の輸入・販売・取り付けを行っております。
AVインターフェイスを自社開発するなど確かな技術力を武器に、企画開発から輸入車への取り付けまで一貫してお引き受けいたします。

 

カー用品の取り付けを検討中の方はお気軽にご相談ください。

D.I.Jのカー用品取り付けについてはこちら

関連記事

  • カーナビの地図が古い場合の対策・更新方法・費用・交換時期を解説カーナビの地図が古い場合の対策・更新方法・費用・交換時期を解説 カーナビに表示される高速道路やお店の情報が、古くて困ったことはありませんか?古いデータのままでは、不便に感じることが多いでしょう。内臓データの更新、あるいはカーナビを買い替えることにより、安全で快適なカーライフを送ることができます。 この記事では、カーナビが古くなると生じる問 […]
  • カーナビのながら運転はどこから罰則?道交法を分かりやすく解説カーナビのながら運転はどこから罰則?道交法を分かりやすく解説 2019年12月1日、道路交通法により、ながら運転の罰則が強化されました。運転中にスマホを操作することが、違反になることはご存じの方も多いでしょう。しかし、運転席に座っていれば、電話に出たり地図を見たりと、カーナビを見たり操作したりする必要に迫られることもあります。 運転中の […]
  • 修復歴に該当しないダメージってどこまで?修復歴の基準について修復歴に該当しないダメージってどこまで?修復歴の基準について 自動車を所有していると、日常生活のさまざまな場面で小さなダメージに直面することがあります。 その中には、修復歴として記録されるようなものもあれば、そうではないものも存在します。   この記事では、修復歴に該当しないダメージの種類と、その基準について解説し […]
  • ドライブレコーダーをダッシュボードに設置するのは違法?疑問を解消ドライブレコーダーをダッシュボードに設置するのは違法?疑問を解消 ドライブレコーダーの設置場所は、法律で決められています。 そのため、「ドライブレコーダーをダッシュボードに設置したいのだけど、違法なの?」など、設置位置が法律に違反していないか気になる方もいらっしゃると思います。 結論からいいますと、ダッシュボードに設置すること自体は違 […]
  • バックモニターの後付けは必要?自分での取り付け可否や費用相場を解説バックモニターの後付けは必要?自分での取り付け可否や費用相場を解説 バックモニターを車に後付けできるのをご存じでしょうか? 2024年にバックモニターの取り付けが必須となることもあり、後付けの必要性を感じている方も少なくないでしょう。   バックモニターとは、車の後方の映像を車内に設置したモニターで確認できる機器のことで […]
  • レーダー探知機の効果とは?必要ない?なぜつけるのかを徹底解説!レーダー探知機の効果とは?必要ない?なぜつけるのかを徹底解説! 交通違反の中で、最も件数が多いとされるのがスピード違反です。 スピード違反の取り締まり装置を事前に知らせてくれるレーダー探知機を車に取り付けておくと、交通トラブルの防止に役立ちます。 しかし、「レーダー探知機は本当に効果があるの?必要ないのでは?」と疑問に思う方もいらっ […]

AREA ディーアイジェーの
対応エリア

埼玉東京群馬
中心に
全国対応中!

ディーアイジェーでは埼玉、東京、群馬などの関東エリアを中心に、北海道や愛知、大阪、福岡など、全国の輸入車・外車オーナー様のご依頼をお受けしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。