【キャデラック エスカレード】Androidナビを取り付けました。取り付け事例|輸入車のカーナビ・地デジ取り付けはD.I.Jへ。埼玉・東京・群馬を中心に全国対応

カーナビ・地デジ取り付け

instagram line

2022/05/12

【キャデラック エスカレード】Androidナビを取り付けました。

image

お取り付け内容

 

今回はキャデラック・エスカレードにAndroidナビをお取り付けしました。

Androidナビは自社製品ではなく、お持ち込みの製品のお取り付けです。

 

純正ナビからAndroidナビへ交換することにより、10.4インチの大画面でナビをご使用いただけます。

お持ち込み製品のお取り付け部分もご依頼をお受けしていますので、ぜひ施工内容をチェックください!

 

 

Androidナビのお取り付け

 

 

 

こちらは、左が純正ナビ、右がAndroidナビのビフォーアフターになります。

画面サイズが大幅に拡大されたのと、スイッチ類もタッチパネル操作ができるようになりました。

 

 

実際には、赤線部分がAndroidナビになります。

純正ナビと比べると変化もわかりやすく見られます。

 

こちらはセンターコンソール付近の遠目に見た写真ですが、

色が付いている部分を取り外し、純正ナビを外し、Androidナビを取り付け、色付き部分を戻す…というような流れがあります。

その中でも、ナビのさらに奥では配線を正確に繋ぎ合わせ、見えないところもお車に負荷がかからないよう調整していきます。

 

輸入車への実績・経験も多く、取り外し時も傷かつかないよう細心の注意を払い施工をしているのでご安心ください。

 

 

Androidナビでできること

 

 

こちらは純正機能の映像です。

ギヤを【R】(リバース)に入れた時は、純正のバックカメラの映像がそのままAndroidナビに反映されます。

 

 

また、ナビ使用時にテレビや映像を楽しめるようなピクチャーインピクチャー機能もあります。

写真のGoogleマップは、まだインターネット接続がされていないために道が表示されていませんが、Wi-Fiなどでインターネット接続をすることにより道も表示されます。

ナビとしてはGoogleマップが起動されるので、基本的に常に最新の道順が表示されていきます。

 

 

D.I.Jより

 

キャデラック・エスカレードへAndroidナビをお取り付けした事例の更新でした。

 

輸入車への取り付け経験も豊富なので、お持ち込み製品の対応も可能になるのがD.I.Jの強みです。

もちろん、取り付けが可能・不可能かのご相談にもお応えできる知識も多いので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お取り付け時の工程について、内部ではどのような施工をするのかなど見えない部分の不安もあるオーナー様も多々いらっしゃるかと思います。

今回の事例では取り外し部分の説明も交えてみましたが、ご入庫の際に説明をすることもできます。

不安なくオーナー様の愛車が快適に生まれ変わるようにお取り付けさせていただきます!

 

お電話または公式LINEでお問い合わせいただけます。

輸入車の地デジ・ナビ・カー用品取り付け時にはぜひご依頼くださいませ!

 

→ Androidナビの取り付け事例(ポルシェ・カイエンver)

→ 自社開発製品:キャデラック含む、GM系の地デジ取り付けについて

 

 

AREA ディーアイジェーの
対応エリア

埼玉東京群馬
中心に
全国対応中!

ディーアイジェーでは埼玉、東京、群馬などの関東エリアを中心に、北海道や愛知、大阪、福岡など、全国の輸入車・外車オーナー様のご依頼をお受けしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。