【メルセデスベンツ Cクラス】インターフェイスでDVDプレイヤーを取り付けました。取り付け事例|輸入車のカーナビ・地デジ取り付けはD.I.Jへ。埼玉・東京・群馬を中心に全国対応

その他取り付け

instagram line

2022/03/16

【メルセデスベンツ Cクラス】インターフェイスでDVDプレイヤーを取り付けました。

image

お取り付け内容

 

メルセデスベンツ Cクラスに、インターフェイスでDVDプレイヤーをお取り付けしました。

 

インターフェイスを組み込むことで、純正モニターでDVDを鑑賞することができます。

また、ナビとDVDの2画面構成も可能になり、ナビ使用時にもDVDが見られる設計になっています。

 

 

DVDプレイヤーをお取り付け

 

こちら、DVDが見られるようになった状態です。

DVDプレイヤーは助手席のグローブボックス下に取り付けられています。

 

 

純正モードからDVDモードに切り替えをするときは、センターコンソールにある『NAVI』ボタンを長押しします。

 

 

ポイントは、通常はDVDプレイヤーの映像を純正モニターに映すことはできないところを、インターフェイスを介して取り付けすることで、純正モニターに映像を映すことが可能になるというところです!

純正モニターを活かせるインターフェイスがあることによって、内観を維持できるというところも一つのポイントになります。

 

 

DVD画面とナビ画面の2画面構成

 

 

こちらはDVDの映像とナビ画面の、2画面構成になっている状態です。

全画面でナビをご使用の際はDVDの音声が流れます。

2画面機能は、ナビを見ながらDVDも見たい!というときにとても便利な機能です!

 

2画面機能への切り替え方法は、

センターコンソールにあるジョグダイヤルを前方へ2~3秒押しだすことで切り替えることができます。

 

 

こちらの丸い形をしたものがジョグダイヤルです。

この2画面機能は、ピクチャーインピクチャーと呼ばれます。

 

 

D.I.Jより

 

今回はメルセデスベンツCクラスへの取付事例でした。

その他現行のベンツにも対応しています。

DVDプレイヤーのお取り付けと、縁の下の力持ち役のインターフェイスをお取り付け。

 

ポイント①はインターフェイスを組み込むことで、純正モニターへDVDの映像を送ることができること。

ポイント②はDVDとナビを同時に見ることができる2画面構成が可能になること。

 

内観を維持でき、機能的でもある今回のお取り付けは様々なオーナー様にお勧めできる内容となっております。

ぜひお電話、または公式LINEよりお気軽にお問い合わせください。

 

 

AREA ディーアイジェーの
対応エリア

埼玉東京群馬
中心に
全国対応中!

ディーアイジェーでは埼玉、東京、群馬などの関東エリアを中心に、北海道や愛知、大阪、福岡など、全国の輸入車・外車オーナー様のご依頼をお受けしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。